フェルン 能力や考察まとめ

2022年9月12日葬送のフリーレン

葬送のフリーレンの フェルンの能力や考察のまとめです。

引用:葬送のフリーレン 1巻 山田鐘人、アベツカサ

スポンサーリンク

フェルンとは

もしかしたら私、フリーレン様を殺せるかもしれません

フリーレンの唯一である弟子の少女。作中で10歳→18歳になっている。
戦争で家族を亡くし、自殺しようとした所を、勇者一行の僧侶のハイターによってとめられ、育てられる
魔法の才能を有し、出会ったばかりのフリーレンに「卓越した魔力の操作技術をもっている」と言われたり、魔法協会のトップであるゼーリエに弟子にならないかと言われるほどの才覚を見せる。
だらしないフリーレンの面倒を見ているせいか、フリーレンパーティのお母さんポジションになっている。
本人も、「毎朝フリーレン様のことを起こして、ご飯食べさせて服着せて、これ私完全にお母さんですよね」と言っており、読者からもお母さん扱いされている。
そのため怒ったときはフリーレンやシュタルクを畏れさせる。

フェルンの過去から現在まで

幼少期に戦争で家族を亡くし、自殺寸前の所を勇者一行の僧侶のハイターによってとめられる。
ハイターに「死ねばその人との大切な思い出まで死んでしまう」と言われ、共に暮らすことになった。
ハイターとの共同生活を続けていくうちに、フェルンはハイターが自分を残して死ぬことを心配していることに気づいた。そのためフェルンはハイターの死後も自立し、一人で生きていけると思って欲しく、魔法の修行に励んだ。
そして10歳になり、フリーレンと出会い、ハイターの策略もあって6年間修業を受ける。
ハイターの死後、一人前の魔法使いと認められたフェルンはフリーレンの旅に同行することになる。

その後、フェルンの魔法の才能はフリーレンも認めるほどで、3級魔法使いの試験に史上最年少でトップの成績で合格し(そのとき受けられる試験だったからという理由で受験)、本編6巻で1級魔法使い試験に合格した。

フェルンとシュタルクの関係性

回を重ねるごとに進展する二人の仲。
フェルンとシュタルクは同じ年のためか、特に仲が良く、時折喧嘩もしますが、絆は順調に深まっており異性として意識している一面を見せます。
30話ではシュタルクが誕生日プレゼントとしてブレスレットをくれたことが判明します。このブレスレットに刻印されていた鏡蓮華の花言葉は久遠の愛でした。シュタルクは花言葉を知らずに選んだものの、フェルンはブレスレットを装着し続けます。これはヒンメルフリーレンにプレゼントした鏡蓮華の指輪と対比される話で二人の久遠の愛を象徴する話になっています。
67話では城塞都市ハイスでフェルンとシュタルクはデートをし、シュタルク様らしくなかったと言われますが、デートプランを準備してくれたことに感謝し、二人の仲を進展させます。
そんな二人のことを、ザインは「もう付き合っちゃえよ」と言うほどで、読者の気持ちを代弁します。
フリーレンと同様に恋に関しては、お子様な二人なので恋仲に進展することは今はありませんが、冒険の終わりには付き合っているのではないかと考えています。

フェルンの能力

フリーレンの教えにより、対魔族殺しに特化した魔法使いとなっている。
長年生きたエルフのフリーレンに魔力量は勝てないが、才能もあるため、フリーレンと同様にフェルンも体内から放出する魔力を1/10以下に抑えている。
中でも、魔法の速射性はフリーレンを上回るほど高く、対魔族戦において不意打ちによる一撃で終わらせるという戦法の魔法使いとして最強である。
また、対魔法使い戦ではゾルトラークによる攻撃を主に使用し、相手に消費魔力の激しい防御魔法を使わせることで魔力切れを起こさせる戦法を得意とし、老魔法使いのような戦法だと言われている。
また、フリーレンの魔力偽装を見破ったレルネンが50年一緒にいて見破れなかった、ゼーリエの魔力の揺らぎを一目で見破れるほどの才能がある。

フェルンの使う魔法

一般攻撃魔法(ゾルトラーク)

基本的にフェルンが使う攻撃魔法は一般攻撃魔法ゾルトラークのみ。これはフリーレンの教えも有り、速射性の高い一般攻撃魔法による手数で、相手に消費魔力の激しい防御魔法を使わせることで魔力切れを起こさせるため。

服が透けて見える魔法

第10話にて退治した紅鏡竜の巣穴にあった魔導書の魔法。
フリーレン曰く武器を隠してるかわかる便利な魔法。
この魔法でシュタルクを見て言った、「ちっさ」は破壊力抜群であった。

服の汚れをきれいさっぱり落とす魔法

フェルンが1級魔法使いの特権によりゼーリエから得た魔法
神話の時代に存在したと言われる伝説の魔法で、使うとフローラルの香りがするらしい。

スポンサーリンク

余談

話数が進むにつれ、フェルンはぽっちゃりしてきている。
これは作画の変化によるものなのか、明らかに顔が丸くなってきている。
食事シーンをよく見るとフリーレンに比べ、フェルンの食事量が明らかに多い。
そして、おかしやデザートが好きというフェルン。
物語後半で更に太らないことを祈るばかりである。

これまでの感想ネタバレ記事はこちらです。
『葬送のフリーレン』の記事一覧


葬送のフリーレン キャラクター・登場人物一覧とプロフィール紹介

葬送のフリーレン 考察 伏線 謎まとめ

主人公 フリーレン 能力や考察まとめ

葬送のフリーレン 勇者ヒンメル 能力や考察まとめ

葬送のフリーレン 七崩賢のまとめ・考察

葬送のフリーレン 魔法一覧 効果まとめ

葬送のフリーレン 全巻のネタバレあらすじまとめはこちら