怪獣8号 あらすじネタバレ 最新話まで

2022年8月8日怪獣8号

少年ジャンプ+に連載されている怪獣8号 全巻のあらすじ、ネタバレのまとめです。

怪獣8号とは

怪獣が発生する架空の日本を舞台としたバトル漫画です。マンガ大賞2021で一位を取り、次にくるマンガ大賞2021のweb漫画部門で一位を取っている今注目のマンガです。
2020年7月に連載スタートし、2022年3月時点で670万部を売上突破しています。

怪獣8号 1巻 amazon商品ページ

怪獣8号はどういう作品?

怪獣の発生する世界で、怪獣と戦う"防衛隊“に入る事が叶わずに清掃員をしている主人公日比野カフカが、バイトに来た防衛隊を目指す市川レノに触発され、もう一度防衛隊を目指そうと決意します。
そんなカフカでしたが謎の小型怪獣が体内に入ることで、人知を超えた怪獣の力を手にし、「怪獣8号」と呼ばれるようになります。そして、怪獣の力と知識を駆使して、怪獣に立ち向かっていきます。

怪獣8号のあらすじを簡単に言うならば怪獣という敵がいて、それを討伐するって内容です。"なんだそれ。ありがちな物語だ“と思うかもしれませんが、とにかくキャラがカッコいいから面白いんですよね。例えるならば進撃の巨人の世界のような死と隣り合わせの世界で怪獣に立ち向かう人達が描かれる感覚です。(そこまで怪獣が強くないから緊迫感は薄いんですけど)
ストーリー展開が早い割には、キャラの心情描写が上手く、セリフ回しもかっこいいのでスラスラ読める作品になっていると思います。

ここからは先はネタバレを含みます。ご注意ください。

怪獣8号 【1巻あらすじネタバレ

1巻あらすじ

幼いころ怪獣に住む町が破壊された主人公の日比野カフカは、幼馴染の亜白ミナとともに「怪獣を全滅させよう」と約束をする。しかし、32歳のカフカは怪獣専門清掃業で働いていた。ある日カフカは、謎の生物が体内に入り、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

防衛隊に入る夢を諦めた日比野カフカは、防衛隊第三部隊隊長の幼馴染である亜白ミナの映像を見て、なんで俺はこっち側なんだと思います。
そんな中、清掃業者のバイトに新人の市川レノが入ってきます。レノは防衛隊を目指していて、昔目指していたのに諦めたカフカに失望します
最初は険悪だったレノとカフカは清掃作業していくうちに仲良くなりますが、その矢先生き残りの怪獣が襲いかかってきます。二人が死ぬ寸前のところで防衛隊が救助に来て、助けてもらいます。病院に運ばれたカフカとレノだが、やっぱり防衛隊員を目指すべきだとレノに言われます。
するとそこに謎の生物が現れカフカの体内に入ります。窓に映る自分を見るとカフカは怪獣の姿になっていました。
カフカは病院から逃げますが、怪獣に襲われている親子を助けるため怪獣を殴ると怪獣が粉々になります。

3ヶ月経ち、カフカは怪獣8号とコードネームが付きます。カフカはコントロールできないものの、自在に怪物の力を操れるようになっていました。そして防衛隊の第一次試験に合格の通知が来ます。

2次試験会場の防衛隊立川基地に入ると、“四ノ宮キコル“と名乗る少女に喧嘩を売られます。
2次試験は2部制となっていて、1部は体力試験、2部では怪獣を実際に討伐する試験のようです。
亜白ミナ隊長と保科副隊長が今年の受験者について話しています。有望株は「出雲ハルイチ」「古橋伊春」「神楽木葵」そして「四ノ宮キコル」と紹介されます。
2部では防衛隊のスーツを着て怪獣と戦うようですが、カフカはスーツの力を引き出せなく、"解放戦力0%“と判定され、対するキコルは解放戦力46%“を叩き出します
2部試験はキコルの活躍もあり、異例のリタイア者0で試験を終えます

満足気なキコルの元に突如人型怪獣が現れます。怪獣はキコルに指を向けると心臓を打ち抜きます。
キコルはぼろぼろになりながら、私が動かないと何人も死ぬから負けれないと動きます。
人型怪獣は本獣を復活し、キコルの処理を任せます。
死を覚悟したキコルですが、カフカが目の前に現れます。
惜しげなく"怪獣8号“の力を使い"あとは俺に任せろ“と言います

↓詳しい1巻のネタバレ感想です

怪獣8号 【2巻あらすじネタバレ

2巻あらすじ
防衛隊試験を受けていたカフカは突如現れた人型怪獣と相対し、怪獣8号の力を見せるーー

カフカはキコルに怪獣8号のことがばれますが、このことを内緒にしてくれとお願いします。カフカは力を解放し本獣へと当たります。
爆発的に上昇したフォルティチュードが"9.8“と計測され、カフカは一撃で本獣を撃破します。

場面は移り人型怪獣がニュースを見ています。今回の事件での被害が0なことに驚きます。
人型怪獣はみるみるうちに人間の姿になり清掃業者に紛れ込みます

そして、カフカは防衛隊員候補生として合格します。引き取った保科副隊長はカフカと怪獣8号が関連あるのではないかと考えています

相模原に怪獣が出現し、新人たちの初出勤になります。カフカは怪獣に弾き飛ばされますが、新人の活躍もあり余獣を撃破していきます。また、解放戦力"96%"の亜白隊長の機関銃により、本獣が撃破されます。後は余獣の残党狩りです。隊長、副隊長には個性に合わせた専用武器が支給されるらしく、保科副隊長も忍者刀で余獣を撃破します。

レノや伊春が残った余獣の処理に向かうと、清掃業者に化けた怪獣が話しかけてきます。
仕込んだ増殖器官が破壊されている。何かしっています?
ここは危険だと注意する伊春に対し、指を向ける人型怪獣はみるみる姿を変え伊春を打ち抜きます。
レノと伊春は協力して人型怪獣に攻撃しますが、攻撃を見切られ倒れます。人型怪獣は伊春を殺そうとしますが、
そこに怪獣8号に変身しているカフカが間に合い人型怪獣を吹き飛ばします
“あーお前がアレカ例の。怪獣8号

↓詳しい2巻のネタバレ感想です

怪獣8号 【3巻あらすじネタバレ

3巻あらすじ
相模原討伐作戦の中、本獣を倒し、残すは余獣の後処理となっていたところに、人型怪獣が現れる。レノと伊春が絶体絶命の中"怪獣8号"の姿のカフカが現れる。

人型怪獣の弾幕が放たれますが、カフカは咆哮だけで消し飛ばします。追い詰めるカフカですが、
人型怪獣を発見と、カフカは仲間に銃口を向けられます。
隙を見て人型怪獣は逃げ出します。"君の特徴は把握した。次は殺す。また会おう怪獣8号
カフカも人目のないところで変身を解こうとしますが、"ようやくしっぽ掴んだで 怪獣8号“と保科副隊長と相対します。保科は2本の刀を持ち高速で動き回ります。"本気で行くで“と解放戦力"92%“の全力をだします。
カフカは拳を保科副隊長に向けるわけは行かないので防御に徹し、武器を弾き飛ばし、逃亡に成功します。

今回の事件を受けて防衛隊は人型怪獣をコードネーム怪獣9号と認定しました。
そして相模原での活躍もあり、カフカは正式に防衛隊員に昇格しました。

しばらくして第3部隊のいる立川基地に怪獣が襲来します。
上空から襲来した怪獣達は全てが本獣クラスだと指令室から言われます。
余獣に対して苦戦する中、キコルは新しい斧の専用武器により単独撃破し、レノも氷結弾を用い援護します。

リーダー格の本獣はフォルティチュード8.3の大怪獣クラスでした。
亜白隊長が不在のため"これは僕がやらなあかん“と保科副隊長が当たります。
保科は本獣の衝撃波を飛ばす攻撃に防戦一方になります。戦いを楽しんでいる怪獣に"怪獣の範疇を超えた感情だ“と感じます。演習場に誘い込んだ保科は"ここなら全力を出せる”と言い"92%“の戦力を全開放します。

↓詳しい3巻のネタバレ感想です

怪獣8号 【4巻あらすじネタバレ

4巻あらすじ
立川基地に突然現れた怪獣達は防衛隊の活躍により終息を見せていた。本気を出した保科副隊長と本獣との戦いが今始まる。

保科副隊長の全力により、本獣を仕留めたかと思いきや、核への攻撃がずれており本獣は巨大化します。
保科は攻撃を入れますが、大きすぎる相手に刃が通り切りません。ついに駆動限界が近づき本獣の攻撃で沈黙してしまいます
カフカは保科のピンチを見て、ばれても構わないと"怪獣8号“に変身しようとします。
そこに亜白隊長が間に合い、遂に本獣を撃破します

一同が戦後処理をしようとしたところ、上空に超巨大余獣爆弾が出現します
カフカが止めようと怪獣化します。フォルティチュード"9.8″ 怪獣8号の反応だとばれます。
カフカは爆弾を上空で破壊することに成功しますが、防衛隊に怪獣8号として捕まるのでした

カフカは第3部隊から本部への引き渡されます。輸送車で亜白隊長と二人きりになり、"君を怪獣だと思ってる人は一人もいないよ“と声をかけてもらいます。カフカは亜白の隣をまだ目指していいことを聞き、涙を流します。

キコルは父親の四ノ宮長官にカフカの件について直談判します。温情ある処置をと言いますが、"お前の母親を殺した怪獣だ“と断言します。

カフカに四ノ宮長官自ら面談にきます。四ノ宮長官は銃弾を発砲しますが、カフカは腕だけ怪獣化することで防ぎます。
生身で弾丸を受け止める生物をこの世界では人間と呼ばないんだ怪獣8号

四ノ宮長官は怪獣2号細胞を使った専用武器のアームを装着します。かつて四ノ宮長官は防衛隊史上最強と謡われた男でした。

防衛隊副長官の"伊丹啓二"は言います。長官の専用武器の素材となった怪獣2号は札幌市を壊滅させた怪獣で、その2号をベースに造られたスーツとアームをこの世で唯一乗りこなしたのが"四ノ宮いさおだと。

↓詳しい4巻のネタバレ感想です

怪獣8号 【5巻あらすじネタバレ

5巻あらすじ
遂に怪獣8号だとばれ、本部に移送されたカフカ。四ノ宮長官によりカフカの見極めが始まる。防衛隊最強の男カフカは抵抗できるのか?

カフカは四ノ宮長官からの一撃を受けますが、怪獣化し、そのまま咆哮することで周りが吹き飛ばします。
見ていたキコルは何か様子がおかしいと気付きます。カフカの中の怪獣に体の所有権を奪われます。
カフカは制御がとれないため、キコルの目の前で父親を殺してたまるかと思います。
寸前のところで亜白ミナを思い出し、制御を奪い、行動を止めることに成功します。
「怪獣8号じゃない日比野カフカだ」と言いカフカは意識を失います。

起きたカフカは四ノ宮長官に"生き残るためにお前の有用性を示せ“と言われます。
カフカは兵器ではなく絶対に防衛隊員として認めさせると宣言します

キコルは立川基地復帰までの間、第一部隊副隊長の長谷川エイジと、第一部隊隊長の鳴海弦の預かりになります。第一部隊は実力主義のようで、鳴海弦に言われます。
要求は一つだ 圧倒的な実力を示せ

突如品川に巨大な穴が出現し、怪獣があふれ出します。
そしてキコルとカフカにも命令が出ます。"結果を出せ“と

キコルは次々と怪獣を撃破していきます。一方カフカも怪獣と相対しますが、ダメージを与えられません。四ノ宮長官と戦った時に制御が取れなかったことを思い出し、完全に変身をすることを躊躇します。
そこに怪獣9号が現れます。
鳴海隊長は識別クラスが相手だからと怪獣9号のとこへ向かおうとします。しかし、鳴海の元へも怪獣9号が出現します。また、倒した怪獣が復活し、怪獣強度も上昇し、戦局が一気に不利になり始めます。

怪獣9号はカフカを殺そうとしますが、キコルが助けに入ります。
何回やっても変身できないというカフカ。キコルは孤軍奮闘します。

↓詳しい5巻のネタバレ感想です

怪獣8号 【6巻あらすじネタバレ

6巻あらすじ
品川に現れた怪獣達を処理する第一部隊達に分裂した怪獣9号が現れ、鳴海隊長やキコル・カフカが相対する。怪獣9号の狙いとはーー?

カフカは怪獣8号に変身しようとしますがやはり失敗します。"キコルを殺してしまうイメージ"からでした。"私を舐めるな。隊長も副隊長も防衛隊も舐めるな“というキコルの叫びでカフカは目を覚まします。
仲間を信じる思いから、怪獣8号への変身に成功します。
カフカは圧倒的力で怪獣9号を粉砕します

鳴海隊長の方は解放戦力を全開放し"98%“で当たります。しかし、9号は学ぶことで対応し、避けてきます。鳴海は目を見開きます。その瞬間見切ったはずの攻撃を9号は受けます
Rtレティーナ-0001鳴海弦はもう一つの専用武器、1号の網膜から造られた日本最古の識別怪獣兵器をつけていました
鳴海は信号を読み取り、9号を撃破します。蘇生していた余獣の反応が消えていきます。

しかし、指令室に怪獣9号が現れます。怪獣9号の狙いは長官でした
四ノ宮長官は本気を出して怪獣9号に当たります。識別怪獣兵器の全開放は負荷が強すぎて、命を削ります。
徐々に押されはじめる長官、年齢による衰えには勝てません。無理やり左腕を動かし、命をかけた一撃を9号に放ちます。"あの時 君が6号にしたように

札幌を壊滅させた、2号のメインバーストを放った長官。人間の体では耐えられない反動が来ます。
キミの体が怪獣ならボクの負けだったね

鳴海が現場に到着し、"功さんはどこだ“と叫びます。
9号は"ボクが殺して融合したよ“と答えます。
2号の力を吸収した9号は圧倒的力でカフカと鳴海の攻撃をいなします。
今日ハここまでにしよう
次に私が動くとき怪獣の時代が始まる“と残し逃亡するのでした。

↓詳しい6巻のネタバレ感想です

怪獣8号 【7巻あらすじネタバレ

7巻あらすじ
品川に現れた怪獣9号がもたらした被害は甚大であった。四ノ宮長官と、2号の識別怪獣兵器を奪われた防衛隊は新たな局面を迎える。

四ノ宮長官が殉職したことは全国ニュースとなり発表されました。キコルは追悼式には参加せず、涙を浮かべながら鳴海隊長に強くなりたいと懇願します。鳴海は"ボクの次くらいに強くしてやる、功さんに叩きこまれたことをお前に叩きこむ“と言います。

場所は移り、カフカに鳴海が話しかけます。
お前を防衛隊へ置くことはできない。このまま変身をすれば人に戻れなくなる可能性がある。
というのを全部わかった上で言う。
力を貸せ 日比野カフカ“と
ここからは防衛隊のターンだ“と鳴海は言います。

第3部隊が捕らえていた怪獣10号が目を覚まし、怪獣9号に関する情報を10号から引き出します。
保科は怪獣9号について知っているかを問うと、10号は話し始めます。
俺は9号に作られたから知っていると言います。ただし、話すには俺を兵器化してお前が着ろと言ってきます。
保科は兵器化を受け入れることにします、

手に入れた情報から師団会議が始まります。
拘束中の10号は9号によって作り出された試作品であり完成品が生まれると。
もし9号が大量に強力な怪獣を生み出したらこの国は滅びると。

現状戦力ではない伸び代のある若き才能たちの成長が鍵“となると亜白は言います。
“中でも重要なのが最強の兵器と言われる、6号兵器の適合者市川レノを見つけたと"

レノは第4部隊預かりになっており、第4部隊隊長の緒方ジョウゴはとんでもない子を預かってしまったと気を重くします。
レノは6号の識別怪獣兵器をつけての初陣で、己を制御できず活動限界が訪れそうになります。
そこに伊春が助けに来ます。

↓詳しい7巻のネタバレ感想です

 まとめ 感想 

本作品は防衛隊に入る夢を諦めた日比野カフカが、もう一度防衛隊を目指そうと決意するも、怪獣8号の力を手に入れてしまい、カフカの性格上それを出し惜しみしないで使ってしまうという内容でした。

解放戦力やらフォルティチュードやら怪獣のナンバリングやら識別怪獣兵器がわかりやすくて、テンプレですが厨二心に響きますね。

市川レノ四ノ宮キコル四ノ宮功、保科宗四郎亜白ミナ鳴海弦等の魅力的なキャラクターが多く登場しており、画力も合わさってこの先が楽しみです。
レノのカフカを慕う良いやつ感、キコルの高飛車お嬢様だけどカフカに心を許している感じ、保科のかっこよさに、鳴海の最強で熱いとこ。どれもキャラが立っていて好きになれます。

本記事の怪獣8号あらすじでは物語の大部分をカットして伝えているので詳しくは漫画か↓の1巻からのネタバレ記事をご覧ください。

全巻詳しいネタバレあらすじ感想を書いています。
↓是非1巻からの詳しいネタバレあらすじ感想もお読みください。

怪獣8号 技名 必殺技一覧 まとめ