スパイファミリーは過大評価でつまらない・面白くないって話

2022年8月2日スパイファミリー

少年ジャンプ+で連載されている『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』は過大評価でつまらないのではないか?っていう話です。
批評になってしまうので、苦手な方はブラウザバックを。

あらすじ

舞台はヨーロッパ風のとある地域、凄腕スパイの〈黄昏〉本名ロイド・フォージャーはイーデン校に潜入するため、養子縁組と偽装結婚で偽りの家族を手に入れる。しかし、妻のヨルの正体はプロの殺し屋、娘のアーニャはエスパーであった。それぞれの正体は隠されたまま家族として暮らしていく

 売上情報 

スパイファミリーが過大評価という話をする前に、どれだけ評価されているのかをまとめます。
2019年連載開始、2022年6月時点で単行本9巻まで、累計発行部数は2100万部を突破しています。
アニメ発表前で発行部数1000万部を超えているのがすでに異常すぎます。
鬼滅の刃ですらアニメ発表時250万部しか売れていなかったのでその異常さが分かると思います。(今は1億5000万部ですけど)
ちなみに『呪術廻戦』で6500万部、同ジャンプ+作品の『怪獣8号』で600万部です。

 スパイファミリーが面白くない理由考察 

批評する前に…。私は全部読んでいますが、つまらないな~まではいっていないです。
本当に2100万部も売れる作品か?っていう疑問だけです。
同ジャンプ+のタコピーの原罪のときも同じような感想を抱きましたが。(タコピーは面白いとは思うけどオススメするほどではないくらいの評価)
私がそこまで面白くないと思う理由を5つまとめました。

面白くない理由
①話が進まない
②笑う要素がわからない
③期待が大きすぎた
④つまらなくはないけど、面白くない
⑤おそらく幅広い層に70点を取るために作ったマンガなのではないか?

 ①話が進まない 

そもそもSPY×FAMILY(スパイファミリー)は、大きな問題が起きる訳ではない日常系のストーリーが多いので何か展開があると思って読んでいると肩透かしをくらいます。
ロイドとヨルがお互いの正体に気づくわけでもないですし(作風的に今後も気づくことはなさそう)
ロイドのスパイとしての活躍を見たいと思っていても、ストーリーが進むわけではないのでドキドキ感がないんですよね。極端に言うならばサザエさんを見ている感覚なんですかね?惰性で読んでも基本的に一話完結なのですっきりしますし。
キャラマンガとして割り切ったとしても、ストーリー性がない現状、キャラに愛着を持ちにくいと感じます。

 ②笑う要素がわからない 

スパイマンガだと思ってみたらストーリーが進まないし、ギャグマンガとして見たらそれはそれで笑いどころ少ないです。
スパイのロイド、殺し屋のヨル、超能力者のアーニャがお互いの正体に気づかないということを笑い要素に変えようとしてるのかと思うのですが、続けていくと目新しさがなくなってくるんですよね。

  ③期待が大きすぎた 

これはかなり大きいです。皆が口をそろえて面白いというから見たので期待がでかすぎました。
後、絵がめちゃくちゃ上手いのでビジュアルだけ見て面白そうに見えるんですよね。
これは凄く上手い商法。パッケージだけ見て買っちゃいそうだし、家にマンガの表紙があったら嬉しいほどの絵の上手さ。
しかし、周りからの評価と、絵の上手さで期待して、いざ見ると日常系のマンガなのかと肩透かしを喰らった気分になり、期待していたより面白くないという評価になるのです。

  ④つまらなくはないけど面白くない 

正直つまらなくはないんですよね。ロイド、ヨル、アーニャのキャラクターが立ってますし。スパイカッコイイですし。ただなんというかキャラクターの心情と台詞回しに納得性がないんですよね。
スパイであるロイドは感情を殺さなければならないが、徐々にアーニャやヨルに心を許していくっていう描写を描きたいのかな?と思うのですが、題材はいかにも面白そうなのに設定活かしきれてなく感動できませんし。
感情移入できるのがアーニャくらいです。
客観的視点で見ると、子供好きとか、家庭持っている人とか、何も考えないで読みたいって人に受けやすいのかなーというのは思うのですが、家庭ほのぼの系って他にもたくさん面白いのあると思うので特別スパイファミリーがヒットした理由にはならないんですよね。

  ⑤おそらく幅広い層に70点を取るために作ったマンガなのではないか? 

はい。この記事の結論です。
おそらく幅広い層に70点を取るために作ったマンガなのではないか?
スパイ、子育て、偽装結婚、欧米風の絵柄、どれも万人受けしそうな題材だなと思います。
アーニャが可愛いだけ“と言っている人がいて、なるほど~とは思いました。
キャラに愛着がもっと持てたら好きになれそうな気はします。
そもそも70点を超えるマンガが少ないからそういう意味では面白いのでしょう。
実際、キャラ、設定、絵はとても良いと思います。

  まとめ。なぜ面白くないのか 

スパイファミリーは過大評価でつまらない、面白くないという記事を書いてきました。
私は大衆が面白いと思ってるものは基本的に面白いはずだと思っています。が、スパイファミリーつまらない、面白くないの記事の多さは他の作品に比べても多すぎます。やはり皆思っているんですよね。
正直一回読み終わった後、内容をほぼ思い出せないくらいの濃さなのであまり深い感想は書けませんでした。
スパイファミリーはジャンプ+で全部読めるので、一日で全部読みましたが全く続きが気にならないため次どこから読めばいいのか覚えていないです。
私は漫画を読むのにあたって絵が上手い、キャラが好き、続きが気になるの3点を重視しているのですが前者2つは良いのですが、続きが気にならないのがどうにもならないです。

女性人気が高いのかな~とも思ったのですが、コミック男女購入比も4:6くらいで大差ないですし、アニメ視聴層も5:5なのであまり関係なさそうですね。

ただ、面白いと感じている人が多いこともまた事実です。
そうでなくては例え集英社がごり押ししていたとしても、2100万部は売れません。
絵が上手いのは確実ですし、アーニャのキャラクター性が人気でるのもわかります。

第2の鬼滅の刃を作るために、集英社パワーで大量の広告をうってる感はいなめませんが。

可もなく不可もなく、まあ面白いかも?くらいのテンション感で読むほうがよさそうな気もします。

私はアーニャが可愛いので読み続けます。